オーバーホール

時間が進んでしまう、遅れてしまうという症状がでている場合、それはオーバーホール時期のサインです。定期的なオーバーホールは「修理」ではなく「メンテナンス」です。大事な時計だからこそ、しっかりとメンテナンスを行い良好な状態を永く維持していきましょう。

オーバーホールは分解から組み上げまで全て職人の手作業で行います。

STEP1
ケースから機械を取り出します。
STEP2
時計を構成している部品を全て分解し、部品ごとに破損や消耗がないか状態をチェックします。交換が必要と判断された部品は組み上げ時に新品部品と交換します。
STEP3
部品に付着している古い油や金属粉などの汚れを専用の洗浄機械でしっかりと洗浄します。
STEP4
洗浄後はしっかりと乾燥させ、注油を行いながら元通りに組み上げていきます。
STEP5
タイミング調整を行い、日差や姿勢差を適正範囲内に調整します。
STEP6
防水機能つきの時計は防水試験を行います。
STEP7
ランニングテストを行い、問題がないか最終チェックを行います。

オーバーホールを行った場合、「ケース・ブレス洗浄」はサービス内で行います。「風防研磨」をご希望の場合はご依頼時にお申し付けいただければサービス内で行います。

基本料金 国産クォーツ ¥9,000~
国産機械式 ¥15,000~
舶来クォーツ ¥12,000~
舶来機械式 ¥18,000~
舶来クロノグラフ ¥28,000~

期間 クォーツ時計 約2週間
機械式時計 約3週間
クロノグラフ時計 約4週間

※期間は目安です


オーバーホール依頼フォーム