ロレックス

ROLEX — ロレックス —

ロレックス

圧倒的な人気と知名度を誇る高級腕時計メーカー

ロレックスは1905年に創業者ハンス・ウィルスドルフによってロンドンに設立された「ウィルスドルフ&デイビス」という時計商社から始まりました。
その後、1915年に「ロレックス・ウォッチカンパニー」と社名を変更し現在の「ロレックス」の始まりとなります。

数々の時計メーカーのなかでも圧倒的な人気と知名度を誇り、
「エクスプローラー」「サブマリーナ」「コスモグラフデイトナ」「デイトジャスト」など
誰もが1度は耳にしたことがある有名モデルを次々と世に送り出してきました。

ロレックスロレックスは全ての部品を自社製造しているマニファクチュールであり、防水性能の高い「オイスターケース」の実用化にはじまり、現在の自動巻機構の先駆けとなる「パーペチュアル機構」や日付が瞬時に切り替わる「デイトジャスト機能」など次々と独自の技術を発明し特許を取得。腕時計メーカーとしての地位を確固たるものへとしてきました。
現在でも、「パラクロムヒゲゼンマイ」「セラクロムベゼル」など、最新の技術を取り入れた技術開発を積極的に行い、ファンを惹きつけてやまないモデルを次々と発表し続けています。
ケースのつくりや素材ひとつとっても妥協をゆるさないこだわりの姿勢が伺える「ロレックス」の時計はムーブメントにおいても「堅牢性」「耐久性」「精度」どれをとっても高いレベルを実現しています。

しかし、いくら堅牢とはいってもやはりメンテンスは必要です。
素性の良さに油断をしてメンテナンスを怠ると、いくら堅牢な機械でも不具合をおこし、場合によってはかなりの部品交換が必要になるまで悪化してしまって高額な費用がかかるケースも多くみられます。
ロレックスのポテンシャルを最大限発揮しそれを維持させるためにも、3~4年ごとに定期的なオーバーホールを行うことがオススメです。

 

分解掃除基本料金

仕様 価格(税別)
クォーツ   メーカー修理
機械式 手巻(スタンダード) ¥25,000
自動巻(スタンダード) ¥23,000
デイデイト ¥30,000
OLDモデル ¥25,000
ヨットマスターⅡ 見積もり
デイトナ ¥40,000

 

 

ロレックス 修理依頼フォーム