タグ・ホイヤー

TAG Heuer — タグ・ホイヤー —

タグ・ホイヤー

スポーツ競技の公式計時として歴史を刻む

タグホイヤーは1860年スイスのサンティミエにエドワード・ホイヤーによって創業されました。 創業当初は現在のタグホイヤーという社名ではなく、『エドワード・ホイヤー・ウォッチ・メーカーズ』 (所謂、ホイヤー社)という社名で事業を行っており、現在のタグホイヤーという社名になったのは TAGグループに参入した1985年と割と最近のことです。 タグホイヤーはスポーツとの関わりが深く、オリンピックの公式計時をはじめスキー・ワールドカップ、F1等のモータースポーツなど 数々のスポーツの世界舞台での公式計時を担ってきました。 1916年にその当時では他に類を見ない『1/100秒』までの計測が可能なストップウォッチを世界で初めて開発し、 その後1965年にはその技術をさらに進化させ、『1/1000秒』まで計測可能としました。 その技術力によって数々の有名スポーツ選手やモータースポーツのトップレーサーをはじめとした多くのプロフェッショナル達に圧倒的な支持を得ています。 タグ・ホイヤー代表モデルには、1964年の初期モデルから現在の『cal.1887』搭載モデルまで進化を続ける『カレラ』、 廃盤した現在でも人気モデルのひとつである『S/el』シリーズの後継機で、かのアイルトン・セナも愛用した『リンク』、 こちらも人気モデルの『2000』シリーズの後継機でダイバーズウォッチの『アクアタイマー』などがあります。 しかし、素性の良さに油断をしてメンテナンスを怠ると、いくら精巧な機械でも不具合をおこし、 場合によってはかなりの部品交換が必要になるまで悪化してしまって高額な費用がかかるケースも多くみられます。 タグホイヤーのポテンシャルを最大限発揮しそれを維持させるためにも、3~4年ごとに定期的なオーバーホールを行うことがオススメです。

 

分解掃除基本料金

仕様 価格(税別)
クォーツ F1 ¥12,000
1000 ¥14,000
1500
2000
3000
4000
セル ¥16,000
LINK
フォーミュラー1
kirium
クロノグラフ ¥28,000
機械式 1000M ¥18,000
2000
4000
セル
Carrera
クロノメーターモデル ¥22,000
クロノグラフ(ETA) ¥28,000
Monaco 見積もり
Carrera 1887 見積もり
その他特殊モデル 見積もり

 

 

タグ・ホイヤー 修理依頼フォーム